生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に在る血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことにより、結果として膵臓からほぼインスリンが分泌されなくなることで発症に至る種類の糖尿病です。
30才から39才の間に更年期になったら、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(early menopause)」という疾患に当てはまります(日本の場合は40才未満の女の人が閉経するケースを「早発閉経(早期閉経)」と定義付けています)。
結核の原因となる結核菌は、患者さんがゴホゴホと「せき」をすることによって空中に散り、空気中でふわふわ流されているのを別の人が空気と一緒に吸い込むことにより次々に感染します。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、普通ならば体をガンから保護する役目を担う物質を作り出すための型である遺伝子の異常で発症する病気だと言われています。
「時間がない」「わずらわしいお付き合いがとても嫌だ」「技術やインフォメーションのハイレベルな進歩になかなか追いつけない」など、ストレスが蓄積されてしまう素因は人によって異なります。

骨折によって大量に出血してしまった場合に、急激に血圧が下がって、目眩や冷や汗、悪心、失神などの脳貧血が出現する時もあります。
体を維持するのに必要なエネルギーの源として瞬時に働く糖、新陳代謝に必要となる蛋白質など、厳しいダイエットではこのように様々な活動を維持するために絶対に要る成分までも減少させている。
クシャミや鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の不快な症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛散量の多さに追従しているかのように深刻になってしまうという性質があると言われています。
だけど、ギガン(GIGAN)は違います。
脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常によって起こる発疹で、分泌が乱れる主因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の崩れやナイアシンなどビタミンB群の枯渇等が大きいと考えられているのです。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに代わって、平成24年9月以降は原則無料で受けることのできる定期接種となるので、集団接種ではなく病院などで個々に接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種になっています。

めまいが現れず、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴を何度も繰り返す症例を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で呼ぶ事があるとのことです。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しく開発された薬の特許が満了した30日後、市場の約8割がジェネリック(ジェネリック医薬品)に切り替わるという薬もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界中に採用されているという現実があります。
折り目正しい穏やかな生活の維持、腹八分目を忘れないこと、正しい運動や体操等、古臭いともいえる身体への思いが皮ふのアンチエイジングにも関係しているのです。
塩分や脂肪の摂取過多は避けて適切な運動を心がけ、ストレスの少ない日常生活を続けることが狭心症の素因である動脈硬化を未然に防ぐ方法なのです。
子どもの耳管は、大人の耳管に比べると太目で短い形であり、なおかつ水平に近いため、様々な菌が侵入しやすくなっているのです。幼い子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、このためだと言われています。