汗疱状湿疹(汗疱)とは掌や足裏、または指と指の間などに細かな水疱ができる皮膚病で、おおむねあせもと言われており、足の裏に出現すると水虫と間違われる場合もままあります。
体脂肪量には変動が見られないのに、体重が飲み食いや排尿などにより短時間で増減するケースでは、体重が増加した人は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少すると体脂肪率が上がります。
子どもの耳管の特徴は、大人に比べて太目で長さがあまりなく、なおかつ水平に近いため、様々な細菌が侵入しやすくなっています。幼い子どもがよく急性中耳炎に罹るのは、この構造が関わっています。
めまいが起こらず、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを数回繰り返すタイプのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール氏病」と呼ぶような事例も多いそうです。
「肝機能の減衰」は、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の数値で診れますが、ここ数年肝臓の機能が落ちている方々が明らかに増えているそうです。

「ストレス」というものは、「溜めてはいけない」「排除しなければいけない」と断定しがちですが、実のところ、我々人間は様々な場面でストレスを経験しているからこそ、生活し続けることができます。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬と呼び、カビの一種の白癬菌が陰嚢(いんのう)や股間、尻などの部位に感染してしまい、定着する感染症であり簡単に言うと水虫のことです。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する作用があるナイアシンは、辛い二日酔いに極めて効果的です。辛い宿酔の誘引物質だといわれているエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解にも作用します。
ところでこのサイトはご覧になりましたか?
万が一婦人科の検査で現実問題として卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合は、少ない女性ホルモンを足してあげる医術などで改善できます。
WHO(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-Aの極端な浴び過ぎが皮ふの病気を招く可能性が高いとして、18歳以下の男女がファッション感覚で日サロを利用することの禁止を世界中に喚起しています。

ストレスがかかり、蓄積していく構図や、手軽で効果的なストレス対策法など、ストレスの詳細な知識を学んでいる人は、まだまだ少ないようです。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが溜まった状態の脂肪肝(steatosis hepatis)は、脳梗塞といったありとあらゆる疾患の合併症の素因となる可能性が高いと考えられています。
エイズウイルス、すなわちHIVを保有している血液、精液をはじめ、女性の腟分泌液や母乳といった様々な体液が、交渉相手などの傷口や粘膜などに接触する事で、HIV感染の可能性が高くなってくるのです。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、毒が強大な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つに分けることができます。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常により引き起こされる発疹で、皮脂分泌の異常の誘因としてはアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの均衡の崩れやリボフラビンなどビタミンB群の慢性的な不足等が大きいと言われています。