いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的には股部白癬(コブハクセン)という病名を持ち、白癬菌というカビが陰嚢、股部、尻などの場所に感染し、定着した病気で即ち水虫です。
肥満の状態は言うまでもなく摂取する食物の内容や運動不足などが主因ですが、同量の食事であったとしても、かきこむように食べ終わる早食いをしていれば肥満(obesity)を招きやすくなります。
500以上もの働きを持つ肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん)は、肝硬変に始まるありとあらゆる健康障害の合併症の原因となる可能性があるといわれています。
内臓脂肪過多による肥満が確認された上で、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上に相当する健康状態のことを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と称しています。
くも膜下出血とは9割近くが「脳動脈りゅう」という脳の血管にできるコブが裂けてしまう事によって起こる死亡率の高い病気だということを多くの人が知っています。

「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3つの値で診ることができますが、近頃肝臓の機能が悪化している現代人の数が徐々に増加しているとの報告がありました。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な施術では大体「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス移植手術」のふたつの治療が精力的に実施されています。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンに替わり、2012年9月1日以降は予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるので、病院などの医療機関でに変更されています。
ところでこのサイトはご覧になりましたか?
植物に存在する化学物質、フィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファンというブロッコリーに含まれている有機硫黄化合物が、肝臓が持つ解毒酵素の正常な発生を促しているのではないかという新たな可能性が見えてきました。
真正細菌のひとつである結核菌は、患者さんが「咳」をすることによって外気や内気の中に撒かれ、空気中でフワフワと浮かんでいるのを違う誰かが呼吸の際に吸い込むことでどんどん感染します。

基礎代謝量は目が覚めている状態で生命を保っていく(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎機能、体温や筋肉の緊張の保持など)のに必要となる理論上のミニマムなエネルギー消費量のことを言います。
子どもの耳管の特徴は、大人に比べると幅が広く短めで、且つ水平に近いため、様々なばい菌が進入しやすくなっています。子どもがよく急性中耳炎を発症するのは、このためだと言われています。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことやタバコを吸う事・アルコールの習慣・隠れ肥満などのライフスタイルの乱れ、ストレスなどにより、近年日本人に多いという疾患の一つです。
過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、精神的なストレス、老化といった複数の原因によって、インスリン分泌が衰えたり、機能が悪くなったりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発病するのです。
体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに役立つ糖分、新陳代謝に必ず要るタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこの2つに代表される活動を確保するために絶対欠かせない要素までもを減らしてしまっている。